processingであの花EDっぽいものを作る part3

2013.10.29 実験室 0
processingであの花EDっぽいものを作る part3

 

3次元に変更する

今まではx,yの2次元空間で処理を行ってきましたが、x,y,zの3次元空間に変更していきます。

processingで3次元空間を扱うには、size()の第3パラメータで描画方法を指定します。今回はprocessing3D(P3D)を使用します。

合わせて花の位置をz軸方向(画面奥方向)にも配置するよう、変更を加えます。

 

 

ここでは新たにflowers_1という配列を作って、flowerクラスのインスタンスを作成する際に、z方向の位置、花の大きさ、色を指定できるように変更してみました。

また、ここまではprocessing ver2.0.3を使用していたのですが、以下の現象が解決できなかったのでprocessing ver1.5.1に変更しています。どなたか解決方法をご存知でしたら教えてください。

【失敗例】
anohanaED9

 

他に大事なこととしてはsetup()内にhint(ENABLE_DEPTH_SORT)を追加しています。processingのver 1系でP3Dを使用した場合、デフォルトでは後に作成されたものが手前に表示されるようなのですが、これを追加することで位置関係を判断して表示してくれるようになります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です