Unityちゃんを自由に動かすまでの設定方法

2017.05.07 自習室 2
Unityちゃんを自由に動かすまでの設定方法

Unityちゃんのアセットには様々な便利な機能がついています。これらの機能は試しに触ってみるには非常に有用なものですが、一方で自分の好きなように動かしたい場合には不要なものでもあります。

ここではUnityちゃんのアセットから不要なものを取り除き、自由に移動させることができるようにします。

環境

  • Unity 5.6.0f3
  • Unityちゃんアセット 非公式のリパッケージ版ユニティちゃんを使用
    → あらかじめ不要なファイル等を整理してくれているものです。
      リパッケージ版Unityちゃんの説明ページはこちら
      リパッケージ版Unityちゃんのダウンロードページはこちら

Unityちゃんアセットをダウンロードしていない場合は、上記リンクからダウンロードし、分りやすいところに保存しておいてください。

ここでは使用していませんが、公式のUnityちゃんアセットのダウンロードはこちらです。

設定方法

床を設置する

① Unityで新しいプロジェクトを開いてください。まず床を設置します。
Hierarckyビューのcreateから「3D Object」ー「Plane」を選択します。

床を設置する

② 設置した床を適当な大きさに広げておきます。

床を広げる

③ 画面上部のメニューバーから、「Assets]ー「Import Package」ー「Custom Package」を選択します。ダウンロードしたUnityちゃんのパッケージを選択し、「Open」をクリックします。

Unityちゃんパッケージをインポートする

④ パッケージのインポート画面が開きますので、そのまま「Import」をクリックします。

Unityちゃんパッケージをインポートする 続き

⑤ インポートしたパッケージの「Stage」ー「Textures」に床用のテクスチャが入っていますので、好きなテクスチャを選んで先ほど設置したPlaneにドラッグ&ドロップします。

床にテクスチャを貼る

以上で床の設置は終了です。

Unityちゃんを設置する

⑥ 次にUnityちゃんを設置します。インポートしたパッケージの「Prefabs」にある「unitychan_dynamic」を選択し、Sceneビューにドラッグ&ドロップします。

Unityちゃんを設置する

⑦ 設置したUnityちゃんを選択し、Inspectorの設定を変更します。「Position」を「X:0 Y:0 Z:0」にし、とりあえず原点に配置しておきます。「Idle Changer」「Face Update」は不要なのでチェックを外すか、コンポーネントを削除しておいてください。

Unityちゃんの設定を変更する

⑧ Unityちゃんをアップにしてみると少し暗い感じがするので、DirectionalLightの明るさを調整します。ここではIntensityを1.5に変更しています。

画面の明るさを調整する

以上で基本的な設定は終了です!

完成!

あとは好きなようにスクリプトやAnimatorを調整していけば、Unityちゃんを動かすことができます。

Unityちゃんを動かすスクリプトについて知りたい方はこちらの記事もご覧ください。


2 thoughts on “Unityちゃんを自由に動かすまでの設定方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です